看護師のコラム

看護師からみなさまへメッセージ

看護師からみなさまへメッセージ

訪問看護をご存じですか

『自宅に看護師さんが来てくれるなんて知らなかった』という言葉を耳にすることがあります。訪問看護師は何をする人なのか、まだまだ知られていないのが現状です。

訪問看護師は、在宅療養中の方のお宅に訪問して、健康面や生活などで気になっていることをお聴きし、血圧や脈拍など測定したり体調を観察して、医療と生活の両面を合わせて判断します。病気の悪化防止や生活障がいの予防、健康管理などを行います。

また、医師の指示のもとに、点滴や注射、傷や床ずれ(褥瘡)の処置、胃ろうや経管栄養法などの栄養管理、人工呼吸器の管理や痰の吸引などの呼吸管理、服薬管理を含めた疼痛ケア、下剤の調整なども行います。その他にも、介護予防や介護方法、在宅で必要な介護サービスについての相談・助言を行います。

 

医療機器を使っていても医療処置があっても自宅で生活できます

日常的に医療機器が必要になったら、病院や施設に入っていかなければいけないと思い込んでいませんか。

在宅用の人工呼吸器、点滴用ポンプ、酸素濃縮器、吸引器などを使っている方でも、管理ができれば、自宅で安全に過ごすことができます。

かかりつけ医や訪問看護師が、自宅での医療処置の方法や医療機器の取り扱いについて説明しながら、体調や自宅の環境に合った方法を、ご本人さまとご家族さまと一緒に考えます。

 

退院前からご相談に応じます

病院から退院するときには、医師や看護師がいなくて大丈夫だろうか、体調は変わらないだろうかなどの心配ごとがあると思います。

退院後も、必要に応じて症状のコントロールやリハビリなどを続けられます。訪問看護師は、入院中から自宅での生活を見据えて、介護方法や環境について相談に応じますので、病院から退院が決まりましたら、病院を通じてぜひ訪問看護ステーションにご相談ください。

 

自宅で最期まで過ごすことができます

自宅で最期を迎えたい、迎えさせてあげたいというご希望があれば、私たち訪問看護師は、最期まで苦痛なく過ごせるようにあるいは介護する方が不安なく看取ることができるように支援します。

家族の笑顔や見慣れた景色、聞き慣れた音に囲まれた『いつもの場所』で過ごすことは、大きな安心感をもたらし、生きる力となります。

病院でなくても医療や介護の専門家による支援を受けながら、安らかな死を迎えることができます。その一役を担っているのが、訪問看護です。

 

訪問看護をご活用ください

訪問看護師は、みなさまが住み慣れた地域や自宅で、より快適で安全な生活ができるように支える専門職です。ぜひ訪問看護をご活用ください。

 

※『訪問看護アクションプラン2025』より抜粋

 

※当ホームページの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

コメント

この記事へのコメントはありません。