新型コロナウイルス感染症の対策

平素より、カルム訪問看護ステーション・オフィスカルムケアをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

この度の新型コロナウイルス感染症に罹患された方とご家族・関係者の皆様に謹んでお見舞い申し上げます。また、医療機関や行政機関の方々など、感染拡大防止に日々ご尽力されている皆様に深く感謝申し上げます。

新型コロナウイルス感染症の対策指針として用いられている 「新型インフルエンザ等対策政府行動計画」の中で、訪問看護ステーションは地域の要援護者に対する在宅療養支援等を継続するよう示されており、緊急事態宣言発令後にも、国や地方自治体と連携して活動継続していくことが求められています。

弊社では、下記の対策に徹底し、できる限り求められる役割を果たしていく所存です。最新の情報につきましては、弊社ホームページにて随時更新いたしますのでご確認ください。

一日も早い新型コロナウイルス感染症の終息と、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます。  

 

カルム訪問看護ステーション・オフィスカルムケアでの対策

 

1.スタッフ(同居者含む)の健康状態を確認

各スタッフは毎日出勤前に検温を実施し、管理者へ報告します。
疑わしい症状のあるスタッフは、自宅安静もしくは病院受診を指示します。

 
 

 

2.事業所にスタッフが集まらないようなスケジュール調整

各スタッフは、担当ご利用者様の訪問時間に合わせて、
直行直帰型(自宅から直接ご利用者様のお宅へ訪問し、訪問終了後は自宅へ帰宅)の勤務を基本としています。
事業所へ立ち寄る際は、お互い2メートル以上の距離を保つように努めております。

 

 

3.ご利用者さまに対する訪問前の検温のお願い

ご利用者様へ訪問前の検温にご協力いただいております。
37.5℃以上の発熱を認めたご利用者様は、訪問前に担当スタッフへ電話連絡いただいております。

 

 

4.訪問時のスタンダードプリコーション(標準予防策)の徹底

各スタッフが、ゴーグル・マスク・手袋を着用し対応します。
ケア前後に手洗いもしくは手指消毒をします。
状況に応じて、ビニールエプロンを着用し、ケアにあたることがありますが、感染予防策としてご理解下さい。

 

 

5.スタッフの外出自粛

普段の生活において、極力外出を自粛し、3密(密集・密接・密閉)を避けるよう指導しております。